若年性認知症予防サプリメント

若年性認知症予防にはサプリメントがおすすめ

 

若年性認知症の予防には、食事運動などの基本的な生活習慣や、頭を使った脳トレーニングが大事だといわれています。

 

普段から意識されていることかもしれませんが、大事なことは予防のためにずっと続けることです。

 

一時的にやってみたけどやめてしまっては若年性認知症の予防にはなりません。大事だと分かっていても、いま体に何も不調がなければ、なかなか真剣に続けられないものです。

 

しかし、認知症の発症の原因となるタンパクは発症する15年前くらいから沈着し始めるという説もあり、できるだけ早くから予防をしていくことが大事です。

 

 

そんな若年性認知症予防に、今からできるおすすめの方法がサプリメントです。

 

 

サプリメントが若年性認知症予防におすすめの理由は

 

認知症予防にはいくつかの成分が効果があるといわれている

 

認知症予防に関係する代表的な成分がDHAです。その他にも、プラズマローゲンなど認知症予防に効果があるといわれている成分がありますが、それらを普段の食事だけで十分な量摂取していくのは難しいともいわれています。

 

毎日飲むだけでずっと継続できる

 

食事内容を考えたり、運動や脳トレをすることは認知症予防で大事ですが、ずっと続けるのは結構大変です。サプリメントなら毎朝飲むだけなので、手間もかからず継続することができます。

 

 

このようにサプリメントなら日常生活の中であまり意識せずに、若年性認知症予防をすることができます。

 

 

若年性認知症予防サプリメントの選び方

 

DHAサプリメントを選ぶ

 

一般的に認知症予防に効果があるといわれている成分はDHAです。青魚に多く含まれていて、血液をサラサラにしてくれるサプリメントとして知られていますが、脳の老化にも良いといわれています。

 

DHAのサプリメントは、コレステロールや血圧が高い方にもおすすめのサプリメントなので、なじみがあり抵抗感なく飲めるサプリメントです。

 

DHAサプリメントは多くのメーカーから発売されていますが、サプリメントを選ぶときには「どれだけのDHA含有量があるのか、DHAがしっかり吸収されるのか」という点をチェックして選びましましょう。

 

 

認知症予防を対象にしたサプリメントを選ぶ

 

種類は少ないですが、認知症予防を対象にしたサプリメントもあります。一般的なDHAサプリメントと比較した違いは、更に脳の衰えに良いという成分が含まれている点です。

 

プラズマローゲンなど、新たに注目されてきている脳の衰えに効くという成分も出てきています。

 

若年性認知症予防でおすすめのDHAサプリメントは

 

若年性認知症予防にDHAサプリメントを飲み始めようとして、まず悩むのがDたんくさんの種類があって、どれを選べばいいのか迷ってしまうことではないでしょうか?

 

大手のメーカーのものを選んだ方がいいのか・・・
それとも価格を比較して安い手ごろなものを選んだらいいのか・・・

 

でも、効果がどれだけあるのかは、どうやって実感できるのか・・・

 

 

DHAサプリ選びで大事なポイントは2つあります。

 

どれだけの量のDHAが含まれているのか
DHAが吸収される仕組みがあるのか

 

 

いろんなメーカーのDHAサプリメントをチェックしてみて、この点を満たしていておすすめなのが『きなり』というサプリメントです。

 

 

1日に必要な摂取量がしっかり含まれていて、しかも吸収率が高くなる成分も配合されています。

 

 

その他に、こんな点も人気がある理由のようです。

 

  • 一般的なDHAサプリのように魚臭くない
  • モニター価格でお試しで安くから始められる
  • 15日間の返金保証がある
  • 90%以上のリピート率がある
  • 既に46万個の販売実績がある

 


 

 

認知症予防に注目されている新たな成分「プラズマローゲン」

 

DHAは脳細胞の活性化を助けてくれる

 

DHAを摂取することで、脳細胞の働きを助ける栄養素であるNGF(神経成長因子)が増えることが最近の研究で発表されています。

 

NGFはアルツハイマー型認知症の発症予防に役立つ成分として注目されています。

 

このようなことから、DHAがアルツハイマー型認知症の予防には効果的があると言われています。

 

 

ちなみに一般的に認知症と呼ばれていますが、その原因によってタイプが分けられます。

 

 

アルツハイマー型認知症

 

脳にアミロイドβやタウといったタンパクが蓄積されることで、神経細胞が破壊されていき、神経を上手く伝えることができなくなってしまう認知症です。脳の萎縮が進み、記憶障害、判断力低下が起こり、症状が進むと徘徊なども起きてきます。最も多いタイプの認知症です。

 

 

脳血管性認知症

 

脳梗塞やくも膜下出血などの脳の血管の病気によって血管が詰まることで、脳に酸素が行き渡らなくなり、神経細胞が死んでしまうことで発症する認知症です。脳の血管の障害が原因で、アルツハイマー型認知症に次いで多い認知症です。

 

DHAは脳血管性認知症を予防してくれる

 

認知症のタイプで、アルツハイマー型認知症の次に多いのが脳血管性認知症です。

 

脳血管性認知症は、脳の血管が詰まることで脳神経細胞が障害を受けることで発症するため、脳血管が詰まらないように予防することが大事になってきます。

 

DHAには一般的に良く知られている血液をサラサラにしてくれる効果があるので、血栓ができないように予防してくれる効果があります。

 

 

実際に、脳血管性認知症の方にDHAを投与したところ、8割近い人に改善効果が見られたという報告もあるようです。

 

これはDHAによって、脳細胞が活性化したことと、脳血管の障害予防ができることが、その理由だと考えられているようです。